事件簿イベント「激震する街 連続爆弾魔を追え!」より追加された新キャラ「狭山薫SSR」ですが、原作と遥かにかけ離れたイラスト(絵+胸出しスタイル)に賛否両論となっています。

▼そもそも警察官は胸を出して走りません…
龍が如くオンライン
イラストは今後の改善を期待するとして、今回はこのキャラのステータスについて考察します。

スポンサーリンク



能力一覧

リーダースキル
誰も死なせるつもりはないわ
男性の味方のクールタイムが10%短縮

<考察>リーダースキルは、クールタイム10%短縮(男性限定)なので、もし男性中心パーティを組む場合はリーダーに登用したいですね。

バトルスキル
米国仕込みの逮捕術 Lv.5
敵単体へ79%で6.0秒間の封印と敵全体の回避率を8.0秒間45.0%低下(スキルレベル最大時)

<考察>攻撃自体は火力がないので期待できないですが、ドンパチ迎撃で回避特化のキャラが増えてますので、敵全体の回避率低下は回避キラーとして有能と言えそうです。

ヒートアクション
問答無用の極み Lv.5
敵2体のステータス上昇効果を解除し防御力を8.0秒間-50%低下(スキルレベル最大時)

<考察>敵のバフ効果解除と防御低下とありますが、いまいち決め手に欠けるので、もし他に強力なヒートアクションを持ったキャラがいれば、あえて狭山薫のヒートアクションは特に必要性は感じないかもしれませんね。。

奥義
突撃の構え Lv.1
攻撃時の獲得Pt40%上昇

<考察>奥義は突撃の構えなので、この奥義にシナジー効果を見出すなら東出塔子、サンタ秋山、山田照(正月)らと一緒にドンパチパーティを組むと良さそうです。


<まとめ>
最近はドンパチ迎撃に回避を入れる人が増えており、どんなに火力があって優れていても攻撃が当たらないと意味がありません。

そういう意味で言うと、敵全体の回避率を低下させるバトルスキルは優れた補助キャラと言えます。

また、奥義「突撃の構え」を愛用している人に関しては、使っても攻撃自体が当たらないと意味がない奥義なので、狭山薫と併用することでより効果的と言えそうです。


ネット上の反応